夜尿症大紹介

夜尿症(おねしょ)でお困りの方は案外多いです。

rainbow

小児の夜尿症について

小児がおねしょをする場合、生活習慣や性格などで改善しようとする親御さんがいらっしゃいますが、一般的なおねしょではなく夜尿症かもしれないということを頭に入れておきましょう。

夜尿症とは夜間の膀胱の容量が小さい状態でおしっこを溜めておけないということもありますし、夜間に尿量が増えるということもあります。

心理的なストレスが原因で夜間尿意を起こすという事もあるので生活習慣等をいくら改善しても治らないという事があるのです。

■参考ページ–>実は似て非なるもの!おねしょと夜尿症の違いについて|健康生活

小学生になってもおねしょが頻繁に起こるようならば夜尿症を疑った方が良いでしょう。

近くに小児泌尿器科があればそちらがいいですし、なければ一般的な泌尿器科で診察してもらうと良いです。

病気ですから小児自身が悪いというわけではないので、おねしょしたからしかるのではなく病気だということを理解しておく必要があります。

しかると余計にストレスがかかって症状が悪くなる事もありますので気をつけましょう。

夜尿症の診断を受けたら医師の指示に従って正しい治療を受けるようにしましょう。

親御さんのためにも小児のためにもきちんと治療を受けることが大切です。

おしっこをすることが少なくなってきたら逆に褒めてやるくらいが子供にとっては治療の一環になります。

一時的な場合も多いのでもうしばらくの辛抱だという事を親御さんも納得しておきましょう。

学校等に連絡が必要な場合は恥ずかしがらずに連絡しておくと良いです。

宿泊等を伴う学校行事の場合、お友達との関係もおかしくなる事があるので気をつけましょう。

Comments are closed.