夜尿症大紹介

夜尿症(おねしょ)でお困りの方は案外多いです。

rainbow

夜尿症の薬の効果

若いお母さんの中には自分のお子さんがおねしょをしょっちゅうするということをもの凄くプレッシャーに感じている方もいます。

どうしておねしょをするのだろうと悩んでいるのに誰にも打ち明けられずストレスを感じる事があります。

お子さんも同じくでそんな親を見ると更にストレスとなり悪循環になります。

そうならない為にもまずは泌尿器科などでお子さんを診てもらいましょう。

夜尿症ならばそんなに大変な治療ではなく、ほとんどの場合水分制限とお薬でよくなっていきます。

夜尿症は膀胱等に問題がある時に起こる病気ですが、ほとんどの場合、他の子供よりちょっと膀胱の発達が遅れているだけのことで治らないものでもありません。

しかし、症状は起こるため、お薬でコントロールしてあげる必要があります。

まずは、食事の際の水分を制限する事です。

夕食の時も好きなだけ飲み物を飲ませるのではなくコップ1杯という風に決めてから飲ませましょう。

お薬としては抗利尿ホルモン薬や睡眠で膀胱が一杯になっている事に気づかない子供にはトフラニールなどのが処方されます。

このようなお薬はきちんと服用させることが大切です。

軽い症状の子供の場合、水分制限と数回のお薬の服用でほとんどおねしょをしなくなることもあります。

おねしょをしなくなったからといって勝手に薬の服用を止めたりしないようにしましょう。

お薬を止めると症状が繰り返されることもありますので医師と相談しながら治療していくことが大切です。

Comments are closed.